【今月の宗之助さん、とりあえず・・・】

JUGEMテーマ:歌舞伎

今月の宗之助さんの様子をお伝えしたいのですが、
なかなか楽屋に上がりこむタイミングがなく・・・

とりあえず、初日の様子です

初日の宗之助

これは何をしているかというと、楽屋に届いたお花を箱から出そうとしているところです。
宗之助さんがつかんでいる白い箱がそうです。

皆様のお心遣いで楽屋が華やぎます


【明日までだけど、着肉解剖図(笑)】

JUGEMテーマ:歌舞伎

更新をさぼっていたら、三月大歌舞伎もあっという間に明日が千穐楽!

宗之助さんは、今月昼と夜の出演でしたが、
昼の部『荒川の佐吉』のほうが芝居としてはダンゼン長く出てまして。

なのに、本チラシの印刷に名前が載らなかったんで
(つまり間に合わなかったのですね…)
「今月は昼の部出てないよね?」とあちこちから言われてしまい、
「昼のほうが出てるんですよ」という会話を何回したことか…

といっても中日過ぎに、なんと本チラシが刷り直されて、
極楽徳兵衛 宗之助
ってやっと載ったんですけどねー

という、極楽徳兵衛さんですが、
宗之助さんに言わせると「長いものに巻かれるタイプ」。
たしかに。

gokurakutokube

ポーズとってもらうとかなり凛々しいですが…

それにしても、去年の巡業以来の「着流し」な感じです。

この上の写真でもけっこうほっそりして見えますが、
実はお尻もお腹も肩もぼってり「盛って」コレでございます

kiniku
その写真はあまりにもアラレもない感じだったので、
いちおう盛り方を図解してみました…
だいたいこんな感じじゃないかと!

あ、そうだっ
来月も新橋演舞場、そして来月も昼夜です!

また、来月もまたどういうわけか、
昼の部に名前が無いです

でも、またきっとこんな着肉つけて(たぶん着流しとは違うバージョンですが)
出演してますので、皆様よろしくお願いいたします

【大阪も明日まで】

あっという間に明日で大阪も千龝楽!びっくりです

といっても、今月の花形歌舞伎そのものがもうびっくりの連続でしたが・・・

今回は昼夜4本のお芝居のうち、3本までがほとんど新作のようなものでした。

とくに昼の【伏見の富くじ】と、夜の【研辰】はお笑いの連続!
びっくりびっくりで、大笑いだったんです。

私個人的には、【丸橋忠弥】のラストシーンが
映画【明日に向かって撃て】チックで、それもまたいいなあと。

昼も夜も、終わったあとのお客様方が
「あああ面白かったああああ」とあちこちで声を上げていらして
ほんとにいい公演だったと思います。

さて、宗之助さんは、その新作(のようなもの)3本に出ていましたが、
なかでもカワイイと評判だったのが【伏見の富くじ】のなかに出てくる太夫、千鳥ちゃん

楽屋に行ってみたら

2月松竹座

なんか帯がぎゅっときたようです^^

2月松竹座

太夫さんの髪はおおきい・・・!

2月松竹座

出来上がるとこんなでございました

話してる途中で急に男声になるところ、
難しくないのか聞いてみたら「いや別に普通」ってことでした

2ヶ月にわたり、大阪のみなさんには本当にお世話になりました。
忙しいのに駆けつけてくださったみなさま、
そして、面白かったよーって声をかけてくださったみなさま、
ありがとうございました

来月は2ヶ月ぶりに東京に戻って、新橋演舞場です。
夜だけかと思っていたら、昼も出演だそうです。

そして、昼はなんだかけっこう出てるんですよ。
これから稽古が大変そうです・・・・・・・・
お話も「重たい」感じですので、
今月とはだいぶイメージ違いますよ・・!

歌舞伎ってほんといろいろありますね
来月も皆さまよろしくお願いいたします

【今年は大阪からスタートしてます】

JUGEMテーマ:歌舞伎

連休もおしまいで、そろそろお正月気分も抜けそうですが
新年明けましておめでとうございます

さて、宗之助さんは今年は大阪で新年ということになりました。
『壽初春大歌舞伎』の夜の部に出演しています。
1201松竹座
松竹座、私は初めてうかがいましたが、
にぎやかな街中にいきなりどんと出現して、なかなか良い風情です。

しかも反対側には「道頓堀くくる」とか「アンドリューのエッグタルト」があって、
行列ができています。
当然、しょう油系もバニラ系もいろんな種類の美味しそうなにおいが・・・!
さすが大阪、さすが道頓堀!にぎやかですね☆

さて、宗之助さんが出演しているのは、
夜の部の『雷神不動北山櫻(なるかみふどうきたやまざくら)』です。

このお芝居のときは、千葉の成田山からお不動様が出開帳となるので、
ロビーにお不動様が鎮座しています。
1201お不動様

幕間にお参りできちゃうっていいですよね♪

そして、お不動様の視線の先は、お土産物売り場・・・
1201松竹座みやげ

さて、宗之助ツイッターに登場していた丸羽二重、
https://twitter.com/#!/sonosuke3rd/status/150807822668529664/photo/1
先月は新聞の上で乾かされてる状態でしたが、
無事、今月の舞台で使われています♪
1201青たい

1201化粧

宗之助さんが演じている小野春風(おののはるかぜ)は、殿様の息子です。

身分が高いと真っ白い顔になり、月代(さかやき)のところがきれいな青色。
頭にする丸羽二重も白と青に塗られた「青たい」が必要なんです。
が、最近そういう役がなかったので手元になく、先月楽屋で作ってたそうですよ。

という最近あんまりなかった種類のキレイめ立役です
大阪はおいしいもんいっぱいですし、ぜひ松竹座に遊びにいらしてくださいませ


【観劇会無事に終了:並び傾城に仕上がるまで】

JUGEMテーマ:歌舞伎
 
昨日21日(金)御園座の夜の部にて、
千鳥会会長、会長夫人をはじめ、会員様にお集まりいただいての観劇会を催しました。
その後、場所を移し、宗之助さんを迎えての食事会に
初めて東京の外に出ての観劇会・食事会で大いに盛り上がったそうです!
お忙しいなかお集まりいただいた皆様、ありがとうございました

残念ながら私ことスタッフAは東京に残り不参加・・・会の様子を撮影できなかったため、
代わりに(?)先日予告した、「まな板をつけるところ」をお送りします。

衣裳と鬘をつけて舞台裏へ・・・
胸に「まな板」の枕が載っている(刺さっている?)だけの状態です。

まな板1

衣装さんが登場っ。
まな板かついでます・・・!

まな板2

まな板が枕の上に差し込まれました。

まな板3

すでに重そう・・・

衣装さんは後ろに回って帯ととのえたり忙しいな・・・
と思っいてたら、いつの間にか打掛を持っていらしてました。

butaiura5

気づけば3人がかりに・・・!

butaiura04

おお、なんだかよく分からないうちに
裾があがりましたよ・・・!

butaiura6

出来上がりは御園座の舞台でご覧いただけます

【御園座にぎわってました】

 1日より、御園座の「顔見世」に宗之助さんが出演中です。

顔見世なので、のぼりのほかに「まねき」もあがってます。
連休ということでお客様も多くておおにぎわいです。

まねき

宗之助さんの名は上段の真ん中よりちょっと左手・・・
見えますでしょうか?(昼撮り忘れてしまいました・・・!)

今回は『助六』の並び傾城。

かんざし

なので、後姿だけでもかなり豪華。

アップ

おはぐろをして、リップライナーも黒・・・!!!

というのは、客席から見えますでしょうか?

ところで、
こういう衣装だと前に垂れる大きな帯、「まないた」が特徴的ですが
これをつけるのは舞台袖でした・・・!

そちらの様子はまた改めてご報告しますー。
JUGEMテーマ:歌舞伎

【女小姓こんなにキレイですよ】

JUGEMテーマ:歌舞伎
明治座のときの写真をアップしようと思いつつ、
気づけば博多座もずいぶんと日が経ちまして・・・

今回の初役、女小姓ってどんなの?
とけっこう質問いただいたんですが・・・
こんなです!
英執着獅子
とってもキレイなので、ぜひ観にいらしてくださいね☆






【今月の楽屋写真:化粧してるところです】

 今日は、油屋多三郎の化粧をしているところをご紹介

tasaburo01
あっという間に真っ白になります・・・

tasaburo02
さかやきは青く・・・

tasaburo03
眉は最初は真っ赤なんですね

tasaburo04
これが眉に塗る黒いもの。

tasaburo05
こんなふうになりましたよ

衣装を着るところは明日またあらためて掲載しますね

JUGEMテーマ:歌舞伎


【1月の楽屋写真を一気にアップします】

今日はもう『二月花形歌舞伎』の初日!

というわけで
あせって先月の写真をアップします〜

まずは昼の部の『御摂勧進帳』の源八兵衛弘綱。
kanjinncho01
素足にこの草履。見るからに痛そう・・・
宗之助び足もとに転がっているのは、「着肉(きにく)」です。
重い衣装の下にこんなのまで身につけてるんですね。

kanjinncho02
大きなボンボンやら袈裟で目立ちませんが、こんな大きな鳥の紋が・・・

kanjinncho03
かなりの重ね着ファッションですよね。

kanjinncho04
完成

夜の部は『実盛物語』の郎等でした。
sanemori01
いったん化粧は全部落としているので、
またイチから・・・

sanemori02
ツイッターの【一問一答】でも話題にした、
ちょうちんブルマー的な「ももだち」を作っているところ。
フツウの袴をたくし上げ、ひとつひとつひだを取っていくので大変

sanemori03
かつらをかぶせてから、手を塗ってるところ。

あ、完成写真がなかった・・・スミマセン

sanemori04
そして、あんなに手間がかかっていても、
やはり脱ぐときはいつもどおり一瞬のできごとでした

1月は昼夜ともに立役、山伏に郎等と勇ましい雰囲気でしたが、
2月は昼(第一部)が若旦那、夜(第二部)が娘役です

またがらりと違った雰囲気になると思われますので、
楽しみですね

楽屋写真もなるべく早くアップしますので
よろしくお願いいたします
JUGEMテーマ:歌舞伎


【昨日は新年会/今日は鬘(かつら)合わせ】

昨夜は千鳥会の新年会
ニュー鳥ぎんさんでみんなお腹いっぱい焼き鳥と釜飯をいただきましたよ。

2011新年会a

2011新年会b
宗之助ご挨拶。
来月への意気込みを語らせていただきました。

さて、本日は来月の二月花形歌舞伎のために
楽屋で鬘(かつら)合わせがあるということで、撮影してきましたよ。

sonosuke.comのニュースとスケジュール欄ではお伝えしていますが、
来月の配役は、
第一部『於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)/お染七役』で「油屋多三郎」、
第二部『女殺油地獄(おんなごろしあぶらのじごく)』では、主人公与兵衛の妹「おかち」です。

まずは多三郎の鬘合わせ。
若旦那ですね。

katsura-a
鬘の土台部分ってこんな形なんですね。
薄い銅板に焼きを入れたものを叩き出してつくるそうです。
焼いておかないと、汗がついたところから緑青が吹き出してしまうとか

katsura-b
合わないところをチェック。

katsura-c
その場で叩いて調整です。
さすがプロのお仕事、あっという間でしたよ・・・!

katsura-d
第二部『女殺油地獄(おんなごろしあぶらのじごく)』では、
主人公与兵衛の妹、病に苦しむおかちの役。

こちらは以前にかぶった女形の鬘から結うそうです。
3つあるなかから2つが選ばれました。
額の形で役に合う合わないが決まるんですね。

さてこの鬘が使われるお芝居は来月のル・テアトル銀座でごらんいただけますよ
千鳥会会員のみなさま、ぜひぜひチケットのご予約




calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【ネットTV出演してきました】
    chidorikai

links

profile

書いた記事数:57 最後に更新した日:2015/09/26

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM